2008年11月18日

今更ですがシーズンVI

24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定:「失踪」「フォーン・ブース」DVD付

いつからかは知らないけど、発売当初の半額になったのでポチりました^_^;)。あと1ヶ月待てば更に安くなったみたいですがorz

去年ひと通り見たのですが、イイカンジに忘れてて楽しめてます(笑)。
ねむ…うま
posted by kom at 00:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

シーズン6始めました

TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス

ようやく落ち着いてきたので、見始めました^_^;)。あ、DVDボックスは買ってません。それはシーズン7が出て値崩れしてからの予定(笑)。
なので、見終わるまでBoAエントリ以外はオザナリになると思われ(笑)。

ではっ!
posted by kom at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

以前、コメントで存在を教えてもらいソッコーでカートに入れたが、注文完了し忘れていた^_^;)。今日は時間が取れなかったので近日中に見よっと。

実はワタシ、Sherlockianにはほど遠いっつ〜か、よく考えたらロクに読んだ作品もなかったような^_^;)。この作品も、当時はなかなか面白かった記憶があるけど、カナ〜リ美化されちゃってるかも知れない((((;゜Д゜)))ガクブル
posted by kom at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

もうダマされません

仮面ライダー THE NEXTとやらが制作されるんですと。平たく言うとV3です^_^;)。

さすがに今回は見に行きません。レンタルDVDで充分、と言い切っちゃいます(笑)。
前作、出渕裕の驚異的なリファインに魅せられ、のるかそるか五分五分以下とは思いながらも映画館に足を運んだ結果、邦画の底力をトコトン思い知らされましたからねぇ^_^;)。

今からだとDVDは年明けくらいかな?答え合わせはその時に(笑)。

posted by kom at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

Stand by Me

スタンド・バイ・ミー
コレクターズ・エディション


以前からずっと「もう一度見たい映画」の上位にランキングされ続けてきたけど^_^;)、不意に入手できました。当時はよく分かってなかった少年達の心のさざめきが、なんとも切なくていいですね。
あとはヤング・シャーロックをどうにかして見れないものか(版権の問題でビデオ化すらされていない)。


超有名ですが、どっかで見たような乱暴な人(笑)。若いなぁ。
posted by kom at 17:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

シーズン5もキタ!!

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

コイツも来ちゃった〜〜。マジで精神と時の部屋が欲しい……^_^;)。

ところでシーズン4(ハンディBOX)がめちゃめちゃ安くなってるのだが…。仕様が違うとは言え、米国では$40足らずだし!
シーズン6はシーズン7が出る頃まで待とうかなぁ(´・ω・`)。
posted by kom at 09:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

DEATH NOTE the Last name



ようやっと見てきました。う〜ん、まぁまぁイイんじゃないの?
漫画原作+邦画という二重苦の割にはがんばってますよ。映画館で見ても損した気分にはならないと思う。理由は、イイカンジにダイジェストされているから。

前後編の2本分とはいえ、原作全部を押し込むのはどだい無理なわけです。時間的な要因よりも、あまり主要でない割に出しゃばるキャラが増えすぎるから。そんなわけでヨツバ関係はもちろん、ニア&メロなんかもバッサリとカットされてしかるべきなんですが、そうするとキラとLどちらが勝つのか、という結末に関わる大きな問題が発生します。
原作通りキラが勝つと、リベンジする者が不在になってしまい、物語が終わらなくなってしまう。
Lが勝つと、原作とは違う結末をファンに押しつけるわけだから、相当な説得力が要求される事になります。
この辺りの落とし所が非常にウマかったので、ワタシ的には満足です。

確かに、細かい演出のアラやツッコミどころは少なくありません^_^;)。しかし、人気漫画の原作(良質な材料)をソツなく調理して見せたので、合格点をあげたいと思います。

でも、Lのキャラはちょっと違うんだよなーー(笑)。
posted by kom at 00:45| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

MAX HEADROOMキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

マックス・ヘッドルーム 劇場公開版
AmazonからDMが来ましたよ!ついについに、待望のMAX HEADROOMがDVD化!
あ、それ、ポチっとな♪

知る人ぞ知る伝説?のサイバーパンクSFドラマです。詳細はこの辺とかWikiを見ておくんなまし。
これの魅力はとにかく一見にしかず!としか言いようがないけど、一番気に入っているのは舞台設定。

20分後の未来…。世界戦争でも起きたのか町中は一面の廃墟になっており、人々は何をするでもなく1日中街頭TVに見入っている。彼らは全ての情報をTVから得ており、TVを見ることが生活の全て。そして視聴率の数字(リアルタイムにフィードバックされている)が絶大な権力を持っており、TV局の人間は視聴率のためなら犯罪すら厭わない。この世界では、真実を報道するレポーターがヒーローなんである。
な〜んか破天荒な設定に聞こえるけど(破天荒だけど^_^;)、TVを現在のインターネットに置き換えると、あながち絵空事でもないかなぁ…なんて。
まぁレンタルでも良いので是非見てもらいたい。

小ネタを一つ。
BACK TO THE FUTURE Part IIのCafe 80'sにあるTVモニタに出てくるマイケル・ジャクソンとレーガン&ホメイニは、MAXのパロディです。不規則に揺らめいているキュービックな背景や、どもり口調なのはそのせいなんですよ。
あ、BTTFネタ、放置しっぱなしだったな……^_^;)。これは見なかった事に(笑)。

そうそう、映画版だけでなくTVシリーズもDVD化プリーズ!
posted by kom at 23:59| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

週刊 24

そりゃあもうニッチというかマニアックというかアレゲなムックを山ほど量産している(笑)デアゴスティーニが、ついに24 -TWENTY FOUR-のムックを!

いやね、Season I〜IVまで全部DVD持ってるから要らないんだけど、ムックはちょっと見てみたいス……^_^;)。とりあえず創刊号を買ってみるか(笑)。

今まで気になってたんだけど、山ほど創刊されてきたムック達は、ちゃんと予定通り最終刊まで発行できたんだろうか?
元々ニッチなだけに、刊行を重ねるごとに読者数が等比級数的に減少して、途中で休刊になったものも少なからずありそうだが……。
誰か1シリーズだけでもコンプリートした人居る?
posted by kom at 03:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

Season IV見終わった〜(*´Д`)

え〜と、ここ1週間ばかしBoAしかエントリしてませんが^_^;)、24 -TWENTY FOUR- シーズン4を見てたザンスよ。で、昨日の夜っちゅうか明け方に見終わりました〜(まだSpecial Discがあるけど)。
今回も面白かった!イロイロ語りたい事もあるが、シーズン4の一押しキャラはこの人!



え?誰?と思った人、集中力が足らんぞ!
“1:00 A.M.”の冒頭に出てくる、ジャックにシバかれたマルワンの手下を治療する、CTUの医療スタッフだ!(多分、名前なし^_^;)

という冗談は置いてといて^_^;)、ワタシのお気に入りはシーズン3と同じくミッシェル。でも時間の経過と共に、ピンチになるに従ってお化粧のノリが良くなっていくのは内緒だ!(笑)

最近シーズン5のTVCMが流れてるけど、シェリーやキムが出てくるって事は過去の話なのか?
まぁシーズン4の後を続けるのはちと難しいが……と微かにネタバレ(笑)。

まだ見てない人、今すぐレンタル屋へ走れ!
でも見始めて途中の巻がレンタル中だと激しくorzだぞ。
いっそガツンと逝ってしまえば、後は自分との戦いだけだ!(笑)
posted by kom at 02:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

Amazonから届いた物2

古畑任三郎FINAL DVD-BOX
正月に放送された石坂浩二/藤原竜也,イチロー,松嶋菜々子の3作ですね。

古畑任三郎 すべて閣下の仕業
松本幸四郎の回もBOXに含まれるかな〜と様子を見てたら、発売を見逃してました^_^;)。

いよいよ本当に最後、非常に残念ですが田村正和も寄る年波には勝てないし、西村雅彦のオデコは全然変わってないようで明らかに拡張されているし(笑)で、限界ですね。
さぁて、ガッツリ見直そ〜っと。24の後で(笑)。
posted by kom at 15:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonから届いた物1

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス
え?今頃シーズン4? TVCMでやってるシーズン5じゃなくて?…と思う方もいるだろうが今頃なのだ^_^;)。
1〜3までブチ抜きで見てすっかりハマったのだが、公私共に忙しい中で見ると、確実に生活が破綻しそうなので^_^;)ずっと先送りにしていたのだ。
で、ちょっとヒマができたのでそろそろ…と思ってたらシーズン5のCMは流れるわ「24」がエミー賞5部門で受賞するわで、もうイクしか!(笑)
今、1/3くらい(まだまだ序盤ですね)。
posted by kom at 15:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

チャネリングストーンは何処へ?

サイレントヒルを早速観てきました。シネマ・ロサで(誰が反応するんだ?^_^;)。レイトショーを観ても、歩いて帰宅できるのがウチのいい所♪
ワタシの評価は、まずまず。映画館で観ても損はしない。
細かいコト言うと不満がないわけじゃない。もうちょっとノイズの演出を活用して欲しかったとか、ピラミッドヘッドの説明とか。ラストもちと分かりにくい。けど、この手のものにしてはちゃんと映画になってます。期待通り悪趣味全開の映像で、気分が悪くなること間違いなし(笑)。オススメしますん(←どっちやねん!?)。
posted by kom at 05:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

BTTF見れ!その2

前回からさくっと2週間放置しちゃいましたが^_^;)、なかなかまとめる時間が取れず……。ラチが開かんので、いきなり本丸を攻めるのは諦めて、外堀から埋めていく事にします〜。

ナニはなくてもDVD BOX SETでしょう。これがなくちゃぁ始まらない。もちろん私が持っているのは初回限定版。と言ってもパッケージがミラー印刷になってるだけで、中身は同じですけど……^_^;)。
TVで散々やってますが、大抵吹き替え版なのでカナリorzです(吹き替えについてはWikiの小ネタ参照)。声優に罪はないんだけどイメージが違いすぎる…。特にドクは誰がやってもイタイ^_^;)。

ちなみにワタシは字幕派です。そりゃ字幕ナシで映像に集中できる方がイイに決まってるんだけど、声も演技の内だし、どうしても訳せないセリフなんかもあるし。英語のまま見れたらいいんだけどねぇ(コレについては別ネタあり)。

で、最近気付いたんだけど、バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOXなるパッケージが出てまして、別にペーパークラフトとか要らないんだけど、特典ディスクが1枚余分に付いてるし!

続きを読む
posted by kom at 03:36| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

サイレントヒル

書き忘れてましたが、デスノが始まる前にサイレントヒルの予告編がありました。
ストーリーその他は公式サイトを見て頂くとして、原作はコナミのホラーアクションゲームです。人気があるのか4作目まで出てますが、映画は1作目がベースになっているようです。ちなみにピラミッドヘッド(三角頭)は2作目のキャラ(?)です。

ワタシは2作目までやっております(もちろんクリア済)。1作目はプレステ用という事もあり、かなりゴリゴリなポリゴン造形(笑)ですが、もやもやとした不安感と秀逸なストーリーを備えた傑作でした。2作目はPS2になってビジュアル的には飛躍的に向上したのですが、イマイチなストーリーと個性に乏しいモンスターのため、総合的には1作目に及ばないと思いました(なので3作目からやってない)。

そうそう、“ゲーム原作”もまた鬼門でして^_^;)……ファイナルファンタジーとかバイオハザードとか……。余計な事をせず、純粋に映像化を突き詰めれば面白い映画になると思うんですけどね〜。

あ、最後に一言。ジャンルで言うとオカルトホラーになると思いますが、
ビジュアル的にはかなり悪シュミな部類です^_^;)
耐性のない人はスルーした方が無難です(R指定もあるし)。
posted by kom at 20:36| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

デスノート(DEATH NOTE)

早速、でもないけど見てきましたよデスノート
マンガ原作&実写邦画という黄金パターンです。必ずと言っていいほど、原作者と製作者が違う意味で「別物ですから」と言う予定調和。過去にもドラゴンヘッドとか、ずいぶん苦いものを飲まされましたし、期待する方がどうかしてる(笑)のですが、それでも行って見ないとイチャモンはつけられません(←目的が違う)。

で、感想としてはまぁまぁかな?映画館に行っても損はしないレベル。でもスクリーンが活きる絵作りじゃないからDVDでも不満はないかも^_^;)。
まぁまぁな理由としては……
  • 完結していない!
    まぁ「前編」と謳っている通り、秋に公開の「the Last name」とセットでL編という構成のようです。タイトルから察するに、ニア&メロ編のシナリオも融合されてるかもしれません。
  • 変な付け足しや無意味な改変をしていない
    多少のアレンジはありますが、オリジナルキャラも含めて余計なマネはしていない。逆にキャラを追加してるのに味を感じない(笑)というのはありますが、素材をブチ壊すよりは遥かにマシ。
  • キャラのイメージもまずまず
    捜査本部の面々はイマイチですが、月(藤原竜也)・L(松山ケンイチ)・夜神パパ(鹿賀丈史)辺りはキャラ作ってましたよ。ミサミサ(戸田恵梨香)は出番が少ないけどハマリ役^_^;)。細かくツッコめば不満はあるけど、一応合格点。
とまぁ歯切れは悪いけど^_^;)、コノ手の物にしては上出来です。原作好きな人でも激しく裏切られる事はないと思います。
posted by kom at 02:07| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

BTTF見れ!その1

先日のデロリアンに触発されて、ワタシのBACK TO THE FUTUREへの熱い思い(笑)を何回かに分けて語りたいと思います。
まず何から話したものか…?
DVDを買って見ろ!以上!では話にならないし、かと言って全く知らない人にイチから説明するのも限界があるでしょう。いかんせん20年も前の映画なので^_^;)。ありきたりだが主要登場人物とあらすじ辺りからいきましょか。

とりあえず、特に断りのない限りPart Iに限定して話を進めます。また、シリーズ全体を指すときはBTTF、個別にはBTTF1,BTTF2,BTTF3と表記します。

★主要登場人物★
見れば分かるけど、マーティ以外は左が1985年/右が1955年の各キャラです。

マーティ(マイケル・J・フォックス)
主人公。ギターとスケボーが得意な17歳の高校生。口は達者だが、イマイチ自分に自信がないナイーブな性格。

ドク(クリストファー・ロイド)
マーティの近所に住んでいる(マッド)サイエンティスト。長年の研究の末、タイムマシンを発明する(これがデロリアン)。親子以上に歳が離れているがマーティの親友。

ロレーン(リー・トンプソン)
マーティの母。しつけに厳しく、「私の若い頃は…」と小言の多い典型的な母親だが…。
#若い時のロレーンは本当にカワイイが、年をとった方はリアルすぎる…^_^;)。

ジョージ(クリスピン・グローバー)
マーティの父。気が弱くてお人好し。

ビフ(トマス・F・ウィルソン)
マーティの両親とは高校時代からの友人(?)。現在はジョージの上司だが報告書を代筆させたりと、いい年してガキ大将(笑)。

平たく言えば、のび太・しずか・ジャイアンの関係。あ、映画版のちょっとイイ奴じゃないぞ(笑)。
他にもその他大勢でない脇役もいるが(マーティの彼女のジェニファーとか)、基本はこの5人。

★あらすじ★
ある夜マーティはドクに呼び出され、タイムマシンの完成に立ち会う。しかしトラブルに巻き込まれ、30年前の世界に送り込まれる事に。
どことなくしっくりこない見慣れた町をさまよう内に、自分と同い年の両親と遭遇し、一目惚れするはずだった出会いを邪魔してしまう。
1955年のドクに助けを求めるが、タイムマシンのエネルギーがないという。莫大な電力を消費するタイムマシンはプルトニウムを動力源としているが、入手はほぼ不可能。当時、それだけの電力を得るには落雷以外にないのだが、雷は時間と場所を特定できない……はずなのだが……。

この通り、主人公マーティには2つの課題があります。
1.無事に元の時代に戻ること。
  1回限り。チャンスを逃したら次はない。
2.両親が結婚するように、関係を修復すること。
  元の時代に戻る手段が日時限定なので、時間制限あり。
と、スリルはあるけど殺伐としてないので、大抵の人にお勧めできます^_^;)。

次回、イキナリ核心に触れ(笑)、この映画の魅力をアツ苦しく語りたいと思いますが、まとめるのに少々時間がかかりそうです。
気長にお待ちくださいませ。

To be continued...
posted by kom at 02:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

テラホシスーーー!!

面白くて役に立たない(笑)ガジェットを、ウィットに富んだコメントで紹介しているEngadget Japaneseですが、今日のイチオシはこちら!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン売ります



夢のマシンがそこに!何かの間違いで、うっかり30年前に行けるかもしれない!(笑)
まぁ4万5000ドル(現時点で)なんて出せないけどサ……^_^;)。

実はワタシ、好きな映画と聞かれたらイの一番にあげるのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作なんである。
あぁ、もっと暑苦しく語りたいのだが、今日はちょっと駄文を書き連ねる時間がない!
近日中にブチまける(笑)ので乞うご期待!!
posted by kom at 08:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

事件はリアルタイムで起きている

Amazonで注文していた24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOXが先ほど(17:30頃)届いた。
って、発送メールが来たのが今日の14時前なんですが^_^;)。

ガツンとDVD 36枚組、トータル72時間+αである。
ヤバイな〜〜、一度見出すと最後まで止まらない止まれないからな〜〜^_^;)。
週末にぼちぼち見るか……。

月末にはシーズン4 DVDコレクターズ・ボックスが出るしな。

参考まで
フジテレビのサイト(全面Flash)
So-netのサイト
posted by kom at 20:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

episode 3


週末ちょっと体調を崩していたが、寝すぎて寝られなくなった(笑)のでオールナイトを見に行った。
世間の評判は上々のようだが、ワタシの評価は68点。映画館で見てもいいでしょうレベル。
何が不満かって言うと、アナキンがダークサイドに堕ちて行くくだり。彼の人格、言い換えれば物の考え方やこだわりが釈然としないので、あまり感情移入できないのだ。功名心・自負心が強いのは分かる。でも時折見せる殊勝な態度が本心なのか表面だけなのか。この辺りは映画館で1度しか見ていないepisode 1を見直すとまた評価が変わるかも(ep.2は先日TVで見た)。

ジェダイの騎士の描かれ方もちょっと不満。
日本人的には、武道であれ剣術であれ極めた先には精神的熟成、平たく言えば達観とか己に克つ心に辿り着く(ep.5のヨーダは一端を見せているが)イメージがあるが、ep.1〜3では天賦の才を訓練によって磨いているに過ぎない印象がある。ジェダイ評議会の俗物っぷりは最たるものであろう。

結局、A級戦犯はオビ=ワンですな。
その華麗な活躍とは裏腹に、指導者としての資質が大きく不足している。アナキンが「何でも頭ごなし」と不満をぶちまけているが、本当にその通りなんだから笑うしかない。
後にルークを育て、やっぱりはねっ返りというかイケイケになっちゃう辺り、血は争えないと見るか、オビ=ワンに反省がないと見るか(笑)。

ともあれ、とりあえず完結。
ep.7〜9がどういう構想だったか知らないけど、ルーカスが飽きちゃったってんだからまずないでしょう^_^;)。
じゃあ、ep.1と4〜6のおさらいでもしますか。
posted by kom at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする