2005年10月07日

REVOLUTION in TONG-THAI

先日のオトシマエをつけるため(笑)、柴田さんとタイ料理を食べに行った。バーン・キラオに行くつもりだったが、ちょっと店の予約に不手際があり急遽トンタイに変更。なかなかイイ店だしまた行きたいと思うけどアクセスがイマイチかな〜〜。大江戸線東新宿駅(A1出口)からは近いのだが……。

で、果たして本物の柴田さんだった!申し訳ありませんっしたーーーーーー^_^;)。

柴田さんから頂いた、RiTVのポスターのデータをプリントしたもの(写真画質)。いいですなぁ。
柴田さんとも話したが、これだけの才能が集まりまたそれなりに人や金が集まっても、あの時代でなければなしえないだろう奇跡。その奇跡を起こすために、持てる力を全て注ぎ込もうという熱気がにじみ出てくる。そんな思いがよぎるいい写真が多いなぁ(もちろん書籍にもふんだんにあります)。

思ったよりMacの話はしなかったなぁ^_^;)。まぁそれもまた良し。

もっぺんリンク張っとこ^_^;)。
レボリューション・イン・ザ・バレー
 ―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏

まだちょっとしか読んでないけど、コレを読まずしてエバンジェリストを語るべからず!!と言って過言ではないエピソードが満載です!!


あぁーーーッ写真撮り忘れた!!
けどしっかりサインはもらった^_^;)。

柴田さん、今日はお付き合いいただいてありがとうございました。
機会がありましたらまた食べに行きましょう。今日はオーソドックスな料理ばかりで、タイ料理はまだまだ幅広いメニューがありますから^_^;)。
posted by kom at 23:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
komさん、どうも。
非常に希有なシチュエーションだと思ったので、お言葉に甘えてしまいました。ありがとうございました。
いい店でしたね。味もいいし、お姉さんも感じがいい(笑)。
後で思ったんですが、日本米を使っていたのは、初めて来た日本人の客だから気を使ってくれたのでは...
ま、どっちでも良いんですが(笑)。
Posted by 柴田 at 2005年10月09日 00:58
柴田さん、お疲れ様でした。
タイ米を使うかどうかは、高くついても本物志向というポリシー(またはそういう値付けが許される店)かどうか、ですね。入手自体はすぐ近くのアジアスーパーストアでもできますから。少なくとも2種類の米を用意して、客によって使い分ける事はないと思いますよ。
ま、予想以上にいい店だったのは確かです。
Posted by kom at 2005年10月09日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック