2007年11月28日

スマートフォンの定義

難しいけど大事なことです。

「スマートフォンの定義」をあらためて考える @livedoor ニュース
トークセッションについてはコチラも。

定義のはっきりしないものが一般に普及する事はないですからね(共通の認識ができないので、議論もできない)。また、定義が難しい=普通のケータイに対する明確な差(特に優位性)を示せない、というジレンマもあったり^_^;)。

で、
ずばり結論を披露すると、スマートフォンとは「単体で通信・通話ができて、ユーザーレベルで自由にアプリケーションの追加やカスタマイズできる携帯情報端末。また、操作性が一般のユーザーに親しみやすいインターフェイスを持つことも条件」ということになった。

単体で通信・通話は最低条件ですね。かつてはケータイを自称してましたけど、EM ONEは違いますよと(笑)。

ユーザーレベルで自由にアプリケーションの追加やカスタマイズできるってトコは、大筋で賛成ですが、ちと微妙ですね^_^;)。
i-modeアプリやS!アプリはよく知らないんですが(JAVAですよね?)、auのBREWアプリなんかは自由にインスコできますけど。しかもネイティブアプリ(笑)。機種によっては表示フォントをDLしてインスコできるものもありましたよね。あと、N73はスマフォで、705NKは不自由だからスマフォじゃない?とか^_^;)。
カスタマイズってのもピンキリで、初期設定変更からROM焼きまで幅が広すぎだし、極論すれば壁紙や着メロを変えるのだってカスタマイズですよ^_^;)。
別に法律のように厳格に定めるべしってワケではないけど^_^;)、もう少し絞り込む必要があるように感じますね。

個人的なイメージとしては、メーカーが提供していない手段でカスタマイズできるってカンジかな?
説明がスマートじゃないけど(笑)、設定画面があるもの(壁紙とか)はもちろん、メーカー公認のアプリも対象外。
つまり、メーカーが想定していない=ユーザーが新しい(あるいはより便利な)使い方を生み出せる(可能性がある)って所がスマフォのミソであり面白いトコではないかな〜と。

操作性が一般のユーザーに親しみやすいインターフェイスを持つって…
Windows Mobileが親しみやすいかどうかはともかく^_^;)、あまりにも定性的過ぎジャマイカ?
仮に親しみやすいものがスマフォなら、そうでないのは何なの?(笑)
これに至った経緯がワカランのでなんとも言えないけど、何を弾こうとしてるのか、分かる方kwsk!

んで、ユーザー(ソフトベンダーやサービスプロバイダーでもいいです)が既存の製品や枠組みの中でちょっとした流行を生み出せたら、スマフォがもう1段階ハジけるんじゃないかなー(笑)。
例えば、Nintendo DSの脳トレみたいなソフトがユーザー層を広げたように。
posted by kom at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック