2005年08月04日

シャンバラを征く者

劇場版 鋼の錬金術師を見てきた(土曜日の話だが…^_^;)。
ワタシの評価は50点、「DVDレンタルで充分」である。

ストーリー的にはTVシリーズの3年後、少し時間は経っているが続きの話である。いくつか気になる所があったのでDVD最終巻(ホムンクルス封印から最終話まで)を見直したが、めちゃくちゃネタ振りまくり。悪い訳じゃないが、あまりに明け透けすぎて伏線とは言えない^_^;)。

何がダメだったんだろうと考えると、映画としての華がないということだろうか。ストーリー展開に意外性や緊張感が不足している。これがTVシリーズ最終回2時間スペシャル!とかだともう少し納得できるのだが(映画代と同額の視聴料を取られるとしても)。
これがハガレンの総決算なの?ってカンジ。

まぁそれはそれとして、アニメ版はこれにて終了。
あ、しまった、映画までに“斬る!”をやるつもりだったっけ……もごもご……^_^;)。

posted by kom at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Comic/Anime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック