2014年10月26日

水上バスで行くナンナークが祀られたお寺

お気に入りの映画「愛しのゴースト(原題:พี่มาก..พระโขนง/ピーマーク・プラカノン)」のヒロイン(?)ナークが祀られているお寺があると聞いていずれ行ってみたいと思っていたのですが、プラカノンから水上バス(ボート)で行けるとの情報を得てググってみました。

【バンコクの秘境】水上ボートで巡るプラカノン運河 : タイ式エンタテイメントの楽しみ方

ここまで丁寧に書かれていたら、行かない理由がありません ^_^;)。
ナークが祀られているお寺はプラカノンからわずか2区間なのですが、折角なので終点のイアム・ソムバット市場(ตลาดเอี่ยมสมบัติ)まで行き、戻りでワット・マハーブット(วัดมหาบุศย์)に寄ることにしましたw
では早速w



毎正時に出発との事で10分前に到着。エンジンをかけるまでベンチで待っていてもよし、勝手に乗り込んでもよしw
料金は出発直前におっちゃんが回収に来ます(10バーツでした)。



最初の船着き場までタイムラプスで撮ってみました。
もうちょっと長く撮った方が良かったですね…(初めての撮影だったので、早く確認したかったのです ^_^;)。

そうこうしている内に、終点のイアム・ソムバット市場に着きました。乗り降りする人数にもよりますが、大体30分強くらいですね。
この船着き場を下りた(タイ語だと“上がった”ですがw)所でKaoriさん(Facebook)に声をかけられ、一緒に市場を見に行く事にしました。

 

大きくもなく小さくもなく、取り立てて珍しいモノはありませんでしたが、日常の買物(主に食材)には不自由しない感じでした。

で、戻りのボートなのですが、毎正時のはずが14時には来ず…orz
時間帯なのか曜日なのか、ともかくアテにはできませんね。
タクシーなどで戻っても良かったのですが、それも負けた気がするので15時まで何もない船着き場で待ちました ^_^;)。



運河沿いにはナカナカ立派なお寺がいくつもあります。一旦ボートから下りると次がいつ来るか分からないので骨が折れますが、何度か通って全寺攻略したい気持ちがフツフツとw

 

どうにかワット・マハーブットに着きました。ここも思ってたより大きなお寺です。しかし境内?をざっと回ってみても、ナークを祀っている場所が分かりません。その辺のタイ人に聞いてみても、外国人慣れしてないせいか素っ気ないというか要領を得ず(ワタシのタイ語力の問題もありますが ^_^;)。
あちこち探し回って、結局コチラの「ナークの祠の位置を示す案内板」の裏手辺りにありました。



ようやくご対面です。中は撮影禁止なので表だけ…。
中も含めて多数の肖像画がありますが人相は全部バラバラ、“ぼくがかんがえたさいきょうのナーク”状態ですww
あと、黄色いレイの下にも見えていますが、いくつかの看板には「ย่านาค(ナークおばあさん)」と書かれています。ええんかソレで…?

てことで当初の目的も果たし、新しい友人もできたし面白スポットも見つけたしで、非常に充実した小旅行となりましたw
ちなみに、ここからプラカノンへはボートを待っている余裕がなかったので、バイタクでBTSオンヌット駅までバビュ〜ンと戻りましたw
posted by kom at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Thai Story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック