2010年09月14日

[iPhone] talking b-microSIMだと電池の消耗が激しい

talking b-microSIMを使い始めてすぐに気付いたのですが、なんか電池が持たない!

ワタシの場合、会社にいる間は約1時間に1回Twitter・メール・RSSリーダーをチェックし、時々つぶやいたり写真をアップしたり、ごくまれに通話といった程度のライトユース(往復2時間の通勤途上も使いますが)ですが、iPhone 4(SBM)になって楽々帰宅まで持ったのが夕方には心許ないレベルに…orz

で、ちょっとまともにログでも取ってみるか…と思ったら、自動で定期的にログを取れるアプリは今のところないんですね^_^;)。というわけでバッテリログを使って手動で計測。

まずSBM。
9時頃にスタートして、0時になってもまだ15%ほど残してます。20時以降やや消費が激しくなっているのは、あまりに減らないんで集中的にウェブを見たりミスタードリラーをごりっとやりこんだせい(笑)。
このペースなら16〜17時間くらいは楽にいけそうです。

次にb-mobile。
8時半過ぎにスタートして、21時頃には10%警告が出て22時まで持たずに電源が切れました。トータル13時間くらいでしょうか。

両社とも2,3回ずつ計測しましたが、使い方によって多少の誤差はあるものの誤差の範囲で傾向としては同じ感じです。
こんなことは1-2 call(タイ)で使った時も海外パケットし放題(SBMでVodafone TRローミング)でもなかったので、原因はdocomo網(あるいは相性)にあると思われますが、原因が分かってもどうしようもないんですよね^_^;)。

わずか(?)3時間程度の差だし、念のためモバイルバッテリーは携行しているのですが、普通に使って帰宅まで持つか持たないかって心理的に大きいなぁ…^_^;)。
posted by kom at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック