2004年12月16日

作戦完了?!PIEでも無問題!

ここ数日、ごく一部で問題になっていた懸案が一応解決した。
問題を要約すると、CSS(またはHTML)にフォントの指定がないと日本語化したiPAQのPocketIE(英語版)上で日本語がトーフに化けてしまうということである。
そもそもPIEにはPC用ブラウザのように表示フォントを指定することができません。内部的には何らかの設定値(プロポーショナルはTahomaとか)を持っていると思いますが、アプリ自体(PIE)は英語版なので指定のないフォントにArialなどがアサインされているのかもしれません。
すると、文字コードはShift−JIS(seesaaの場合。EUCとかもだめでした)なのにフォントはArial→トーフに化けるというロジックなのでは、と想像しています。無念。

と、ここまで言っておきながら解決策を思い浮かばなかった。やはりオツムが電池切れ寸前だったのだろう(そうであってほしい^_^;)。

だったら無理やりにでも日本語(を表示できる)フォントをアサインしてやれば良いのである。
iPAQに入っているフォントはそう多くないが、下記レジストリキーでMS PGothicまたはTahomaがアサインされていないのは2つしかないので、この内"Frutiger Linotype"を以下のように変更してみる(少し試した所、"Lucida Console"は変更しなくてもよいようだ)。

[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥FontLink¥SystemLink]
"Frutiger Linotype"="¥¥Windows¥¥msgothic.ttc,MS PGothic"

PIE表示サンプル改
ほ〜れほれ、どないだ?ハメコミ合成ではありませんよ^_^)。

レジストリ修正は1ヵ所だけなので直接いじってもよいが、一応書き出しておいた

問題があるとすれば、他のアプリで"Frutiger Linotype"を使いたいときにも"MS PGothic"になってしまうかもしれない(とりあえずPocketWordでは使い分けられた)。
場合によっては"Lucida Console"も変更する必要があるかも。

基本的にNetFrontを使うつもりだが、PIEでしか表示できない悪質な^_^;)サイトがあったときのための備えができた。
posted by kom at 13:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変にお疲れ様でした。
これでPIEでどのサイトも見れるようになりますね。(多分)
今回の件でものすごく勉強になりました。
(『かず。』はレベルが10上がった。)

大変にありがとうございました。
Posted by かず at 2004年12月16日 17:12
いやぁ、昼休みに思い着いて、試してみたらうまくいっちゃったもんだから、もう大変^_^)。仕事そっちのけですわ。
Posted by kom at 2004年12月17日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック