2004年12月05日

俺色に染めてやる!:ClearTypeでオールクリア

前エントリで『(メニューフォントが)大きいと省略されるし小さいと日本語が汚いしで、落とし所がない』と書いたが、実にあっさり解消した。
Start Menu > Settings > System(タブ)> Screen に、CrearTypeの設定があった。そう、Windowsにもある(っていうかこっちが本家)アレである。

ClearType設定
上がONの状態。違いは一目瞭然。

ClearTypeをONにすると、OS自体はもちろん特殊な表示をしていない限りアプリ画面でも文字にアンチエイリアスがかかる。これでメニューフォントのサイズを小さめにしても、日本語もそれなりに見れる。

PDICタイ語(ClearType ON)
ClearTypeをONにしたPDICタイ語。メニューはもちろん時計表示(右上)や辞書の表示もアンチがかかっている。iPAQで見るとちょっとニジミが強いが、ジャギっているよりはるかに見やすい。

komはレベルがあがった!
かしこさがすこしあがった!

To be continued...
posted by kom at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック