2004年11月24日

我が愛しのワットアルン

部屋に置いてあった雑誌にライトアップされたワットアルンの写真を見つけ、無性に見たくなったので夕方に行くことにした。
ちなみにワットアルンは英語に直訳するとTemple of dawn、日本語では暁の寺と訳される、全高79mの巨大な仏塔である。私の一番のお気に入りワットである。
チャオプラヤー川の西側という、やや行きにくい場所であるが、タクシーの運ちゃんは橋がどうとか言って川の手前の王宮までしか行ってくれない(あまりにブロークンイングリッシュがひどいので、ゴネる気にならない^_^;)。むしろちょっと離れた方が良いと思い、川の東側の船着場を散策してみる。

ワットアルン
6時ちょっと前にいい場所を発見。本当に裏寂れた路地の奥にあるので、女性が入っていくには勇気がいると思う。

ワットアルン
6時を過ぎるとだんだん夕闇が迫ってくる。美しい。

ワットアルン
完全に日が暮れたのは6時半頃。手前の派手なネオンが下品だが、それもまたタイらしい。

とまぁ、40〜50分ほど眺めていたが、ビアがあればあと1時間はイケる^_^)。
posted by kom at 04:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック