2009年10月19日

ステキな夢をw

タイから帰ってきて(先月末)すぐに取りかかったんだけど、ナカナカまとめる余裕がなくて…^_^;)。巷で密かなブームを呼んでいる?MacOS X on Win PCです。



ぶっちゃけVAIO type PにSnow Leopardを入れてみるのコピペですが^_^;)、こちらのエントリにも情報が分散してるので、再構築用にまとめ直してみます。なお、ワタシはVMware Fusionを使うので、デュアルブートにはしません。

Dockなどリアルタイムな動きは若干もたつく所はありますが、アプリの動作などは特に支障ないようです。WiFi/BluetoothはもちろんE MobileのUSBモデムも使えていますが、サスペンド(スリープ)が効きません。画面は消えていますが、フツーに動作している狸寝入りです^_^;)。

■用意するもの

■下準備
Snow LeopardのDVDと同等の機能(OSXで起動してインスコできる)をUSBメモリに仕込む。ここでの作業は全てMac。必要なら、Windows環境のバックアップを並行してやっておく。
  1. ディスクユーティリティのパーティション タブで、USBメモリをフォーマット。GUIDパーティション、Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  2. ディスクユーティリティの復元 タブで、ソースをSnow Leopard DVD、復元先をUSBメモリに指定してコピーする。
  3. Chameleon-2.0-RC3-r658-bin.tar.gz、vaiop20090910.tar.bz2を解凍する。
  4. ターミナルを起動し、dfコマンドでSnow Leopardをインストールしたボリューム(/Volume/[C]、Cはパーティションに付けた名前)のファイルシステム(/dev/disk[A]s[B]など。[A],[B]は数字)を確認する。
  5. ターミナルから下記を実行。ちなみに、ターミナルのウィンドウにファイル/フォルダをドロップするとパスが入力されますw
    cd (Chameleonの解凍ディレクトリ)/i386
    sudo -s
    (ルートのパスワードを入力)
    fdisk -f boot0 -u -y /dev/rdisk[A]
    dd if=boot1h of=/dev/rdisk[A]s[B]
    cd (vaiop20090910.tar.bz2の解凍ディレクトリ)/
    cp boot /Volume/[C]/
    cp DSDT.aml /Volume/[C]/
    cp -r Extra /Volume/[C]/
  6. (vaiop20090910.tar.bz2の解凍ディレクトリ)/System/Library/Extensions/の下のkextファイル2つとKext Helper b7(アプリ)をUSBメモリのにコピーしておく。
  7. ディスクユーティリティのFirst Aid タブで、USBメモリのディスクのアクセス権を修復を行う。

【ここからVAIOでの作業】
  1. USBメモリで起動する
  2. VAIOのHDD(SSD)をフォーマット(形式等は先のUSBメモリと同じ)
  3. Snow Leopardをインストール→終わったら再起動
  4. USBメモリで起動し、カメレオンが出てきたら何かキーを押して内蔵HDDの方を選び、"cpus=1 -v -f"を入力して起動(=は^のキー)
  5. OS Xのセットアップ
  6. Chameleon 2 RC3をインストール(下準備3,4と同じ、A,B,Cが違うので再確認)
  7. 下準備5と同じパッチ当て
    ただしこのパッチを当てるとキーボードがJIS配列と認識されてしまうので、ASCII配列の場合は以下の手当をする。
    /Extra/Extensions1/VoodooPS2Controller.kext を右クリック→パッケージの内容を表示
    /Contents/PlugIns/VoodooPS2Keyboard.kext を削除
    このままだとキー入力が一切できなくなってしまうので、VoodooPS2Controller-0.98-installer.pkgをインストールする。
  8. Kext Helper b7を使って、GMA500BacklightDisplay.kextとVoodooHDA.kextをインストール
  9. ターミナルを起動し、下記を実行する
    sudo -s
    rm -r /System/Library/Extensions/AppleHDA.kext
    sh /Extra/extra.sh
  10. ディスクユーティリティのFirst Aid タブで、USBメモリのディスクのアクセス権を修復を行う。

これで完了!
ちなみに、移行アシスタントを使うとTimeMachineのバックアップから丸コピできてウマーw
posted by kom at 12:30| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢の見方の参考にしております。
ターミナルですが
bash-3.2# fdisk -f boot0 -u -y /dev/rdisk数字 リターンで
以下のコメントが出ます。

fdisk: could not open MBR file boot0: No such file or directory

夢の中でもさっぱりです。アドバイス頂ければ幸いです。
Posted by toi at 2009年12月14日 13:22
★toiさん
ターミナル操作はぶっちゃけワタシも理解してないのですが^_^;)、例えば
・ディスクのフォーマットが違う
・単純なタイプミス
・Chameleonを解凍したディレクトリパスに日本語が混じってる
辺りを確認してみてください。
Posted by kom at 2009年12月14日 17:55
ターミナルの件、解決しました。
スペースの使い方がまずかったようです。
しかし。。TypePで外部ブートを有効にして
SDブートすると下記の画面で止まります。

boot0:GPT
boot0:testing
boot0:testing
boot0:done
boot1:error

SDのOSXが読込めないのでしょうか
Posted by toi at 2009年12月14日 18:46
返信ありがとうございました。
タイプミスと日本語は無いようですが、
フォーマットはGUIDパーティション、Mac OS 拡張(ジャーナリング)にしています。
もしかして8GB USBメモリに相性があるのでしょうか。。
他を試してみます。
Posted by toi at 2009年12月14日 18:49
だめです。。
USBハードディスクを使っても
ブート時に 〜boot1:error となります。
検索してるとアクティブ化していないとか出てきますが
さっぱりです。。作成したIntelMacが10.5だからとか関係ないですよね。
Posted by toi at 2009年12月15日 00:04
★toiさん
SDやUSB HDDを使用しているようですが、「外部ブートを有効」とは言ってもMacOSから認識できるかどうかは不明です。
内容を理解できないときは(ワタシもそうですが^_^;)、書かれたとーりの道具・手順でやるのが鉄則ですw
作成したMacのバージョンは、よほど古くなければ問題ないと思います。
Posted by kom at 2009年12月15日 18:09
何度もありがとうございます。
書かれた通りにやっているのはずなのですが、、
どこか細かいところで何かが違っているのでしょうね。。
始めUSBメモリ、次にUSBリーダ経由のSDカード、そして
解説にも書かれているUSBハードディスクで試したのですが。
もう少し自力で頑張ってみます。
Posted by toi at 2009年12月16日 10:25
★toiさん
USBメモリもやってましたか…。実のところワタシもよく理解してないので、この通りやってくださいとしか言えません^_^;)。
ちなみにメモリをフォーマットするところ、ドライブ自体とパーティション(ディスクユーティリティの左のコラム)を選べますがどうしてますか?
ワタシはよく分からないので両方やってます。
Posted by kom at 2009年12月16日 19:34
snowleopardをここの方法でインテルマシンにインストしようとしています。VAIOでないとインストできないのですか?あとUSBに復元でもどすとこなのですが、インストールディスクからはつくれますか?できればそのときのUSBメモリの中身の詳細を教えてください。
Posted by koh at 2010年01月24日 01:47
★kohさん
Snow Leopard DVD = インストールディスク です。
要するに、DVDのままだとパッチが当てられないので一旦USBメモリに丸ごとコピーしてるだけです(つまりパッチ以外は同一)。
で、パッチの内容が分からないので、P以外でうまくいくかどうかは分かりません。
Posted by kom at 2010年01月24日 15:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック