2009年05月14日

タイの話 その2

赤シャツ軍団の話があったりしてズイブン間が空いてしまいましたが^_^;)、前回からの続きです(笑)。
実は連休前に書き終えていたのですが、リアルタイムにタイへ行ってるのに昔話を出すのもなーと半ば塩漬け状態になってました^_^;)。

さて、翌朝からは当然お仕事で、まずは現法へご挨拶&打ち合わせなのですが、かのAriston Hotelから工場までの送迎マイクロバスがありました。だから出張者はこのホテルに放り込まれるんですね^_^;)。
ただ、片道小1時間かかる所を定時に間に合うように出るので、出発時刻が6時半…orz
まぁ四の五の言っても始まらないんで、気合で起床^_^;)。

ちなみに当時の出張報告書が残ってまして^_^;)、その記録によると月曜〜土曜の日程で、火〜木が午前1ヶ所/午後1〜2ヶ所回り、金曜は午前中に1ヶ所、土曜は予備日(夜便で日曜朝着)となってました。

ヌルすぎるwww

いくら出張経験者がいなかったり、また移動時間が多いとは言っても、余裕がありすぎです(笑)。今のご時世だと2日は短縮させられますね^_^;)。

ま、そんなこんなで初日は滞りなく17時にホテル帰着(笑)。
スーツを脱いでシャワーで汗を流した後、例のI氏の部屋に集合。
そこにひとりのタイ人女性が居ました。前もって聞いていましたが、平たく言えばI氏の愛人です^_^;)。
さすがに8年前の話なので名前は忘れちゃいましたが、仮にノイさんとします^_^;)。流暢とまではいきませんが、日常会話に不自由しないくらい日本語が話せます。
で、彼女にアフター5の案内をしてもらおうという魂胆です^_^;)。

とりあえずその日は現法駐在の方達と食事会があったので、それまでボウリングをすることに。ゲームをしているうちに、ノイさんの友達が現れました(携帯で呼んだらしい)。彼女もカタコトながらそれなりに日本語が話せるようです。

そして飲み会のため一旦彼女達と別れ、食事会の後にまた合流しました。
では飲みに行くぞーと連れて来られたのは、ご想像通りタニヤ(笑)。
初めて目にした時は、度肝を抜かれましたよ。まさかこんな異国の地で、日本語の看板にあふれた通りがあろうとは…^_^;)。

で、とあるカラオケ店に連れられるまま入り、席についてみると女の子達の姿が見えません。
しばらくすると、ひらひらした服に着替えて席に来ました。
その時初めて知ったのですが^_^;)、東南アジアで「カラオケ(屋)」というのは日本にあるようなボックスではなくて、オネェチャンが横についてお酌したりお話をしたり以下自粛wっていういわゆるカラオケパブ?を指します。
彼女たちはその店のホステスだったんですね。(ガイド兼通訳として)利用するつもりが(同伴として)利用されてたっちゅー話で(もちろんI氏は承知)、まぁ共存共栄といいますか(笑)。
そんなこんなでバンコクの夜は更けていくのでした。

つづく…
posted by kom at 23:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Thai Story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の初タニヤは、赴任してから5ヵ月後でした。
しかも日本からの観光客(友人)に連れて行ってもらいました(w。
友人は呆れていましたが(^^;;;;;
Posted by siam_breeze at 2009年05月15日 12:08
普通は、赴任の歓迎会とかで連れて行かれそうですが^_^;)。
で、呆れられた理由が、5ヵ月も行ってなかったせいなのか、恐るべき順応のためなのか…?(笑)
Posted by kom at 2009年05月16日 20:04
自分の初タニヤは初渡タイから2年半後でした。
なにせタクシーが無いラヨンではタイ初心者は一人では全く動けませんからね・・・
(海沿いのホテルだったこともあり、歩いていけるのはマッサージ屋だけでした・・・)
マジで夜はホテルから一歩も出ずに3ヶ月近く健全?に滞在してました・・・
Posted by rzero3 at 2009年05月17日 02:39
★rzero3さん
ラヨーンは行ったことがないのですが、今なら何がしかありそうですね^_^;)。
まぁ、初っ端から王道(?w)に行けたのは、良かったのか悪かったのか…w
Posted by kom at 2009年05月17日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック