2008年11月05日

タッチパネルだから直感的というまやかし

iPhone以降、どいつもこいつも熱に浮かされたようにタッチ タッチ ここにタッチと喧しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?(笑)
つい先日もソフトバンクの発表会で孫CEOが「タッチパネルだから直感的」みたいな事を言ってましたが…

タッチパネルが担保しているのは直接的操作であって
直感的かどうかはGUI設計次第 ですぞ!


例えばiPhoneのホーム画面のアイコンは、長押しすると配置を動かせるようになりますが、これを人に聞いたりせずに(つまり直感的に)理解できた人ってどれだけいますかね? タイトルバーをタップで一番上に戻るTipsとかも同様。
まぁどちらも「知らなくてもあまり困らない操作」なのでクリティカルではありませんが、細心の注意を払っている(であろう)iPhoneですら「直感的でない操作」も存在します。一方で、時計回りで拡大/反時計回りで縮小なんてどこが直感的なのか小1時間…(1年も前なので今は改善されてるカモですが)。

これから続々湧いてくるタッチパネル端末を「本当に直感的なのか」という視点で見てみると、詰めの甘いものも紛れ込んでるかもしれません。ご注意あれ(笑)。
posted by kom at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック