2008年09月08日

[iPhone]3Gなんて飾りです!偉い(ry

iPhoneには、WiFi環境でないとフルに使えない機能が2つあります。

ひとつはiTunes Wi-Fi Music Store
曲をDL中に接続が切れたらメンドクサイってのは分かるけど、門前払いってどないやねん(笑)。
ざっくりブラウズ&試聴して、気に入ったらチェックだけしといてDLはWiFi接続後(または帰ってから母艦でDL)とかでけんものか…?
まぁ、門前払いゆえに“なかったこと”として割り切れるのが救いではあるな^_^;)。

もうひとつはYouTube。
どうせ定額なら、電池尽きるまで(無意味にw)じゃぶじゃぶ見倒してやるぜオラッ!と意気込んでみたものの、画質がグズグズで全く見る気を失いました(笑)。
実はiPhoneのYouTubeブラウザは、3G接続とWiFi接続で見に行くサーバを勝手に切り替えており、3G接続だと携帯用の低画質コンテンツにしかアクセスできないのです。ではどのくらいヒドいか、サンプルをお見せしましょう(笑)。



こちらがWiFi接続。320 x 240ピクセルの標準品質だと思われます。ちなみに全画面再生の場合、1.33倍というハンパな拡大率になりますが、スケーリングが優秀なのでまずまず見れます。字幕もキチンと読めますね。



こちらが3G接続。見た瞬間、やる気を根こそぎ分解してくれます(笑)。字幕なんて、何かのクイズですか状態。動画の大きさから、QCIF(176 x 144)を2倍に拡大しているようです。

この携帯電話用サービスは、元々Verizon Wireless向けに提供されていたもので、別にiPhone用ってわけではありません。
おそらく画面サイズがQCIF(176 x 144)で低速通信(EDGE)も含めて想定した仕様だと思いますが、果たしてこんな低品質な動画を見れることに価値があるのか甚だ疑問です^_^;)。「携帯でも見れる」って言いたいだけちゃうんかと。

YouTube側がこういう切り分けのサービスという前提で、iPhone側としては待たされてもいいからPC用のコンテンツにアクセスできるようになってて欲しいんだけど、どっちを選ぶかユーザーを悩ませるくらいなら 舌を噛んで死ぬ できない方がマシというのがiPhoneのポリシーだからなぁ…(笑)。

結論!
  • YouTubeはiPhoneに特化したサービスを提供してはいない(フロントエンドは特化してて当たり前)
  • 携帯用しかアクセスできないiPhoneはWiFi環境のみ有用(YouTube視聴に関してですよ、念為)
  • 結果的に満足度は0点www
posted by kom at 15:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック