2005年10月31日

AirMacでロケフリ

ロケフリに(WiFi直でなく)ネット経由でアクセスするためには、NetAVの設定をしなければならない。と言ってもルータがUPnPに対応していれば何てコトないのだが、AirMac Extremeが対応していないので「手動設定でポートフォワード云々」と言われてしまう。
AirMacには“ポートフォワード”という用語はないらしく^_^;)、少々苦労したがジャストミートなサイトに辿り着いた。

[N] PSP + ロケーションフリーをAirMac経由で見られるようにする方法

もうドンズバ同じ状況で付け加えることは何もないのだが、リンクを張るだけでは面白くないので、もうちょっといじくってみる^_^;)。

実はAirMacの設定ツール(AirPort Admin Utility)はWindows用も用意されているのだが、WinXP SP2に対応していなかった
なので、香港に行った時も予め設定を完了させておき、変更する必要が生じたら即終了という出たとこ勝負な状況だったのだ(スミマセン、このネタエントリしてませんな^_^;)。いつかサルベージします)。

で、いい加減サポートしろよ!と調べてみたら、してました。しかも香港に行く前に(笑)。
(ソフトは公開されていたかも知れないが、日本語のページはなかったはず)

AirMac 4.2 for Windows

正直、一般的なアクセスポイントのように、ブラウザで設定ページにアクセスするタイプの方が融通が利いていいと思うのだが、Appleなりのこだわりがあるのだろう。
ともかく、Winでも設定できるようになった!

ベースステーションの設定画面を開き、Port Mappingタブの右上“Add...”ボタンをクリックし、ポップアップしたウィンドウのように入力して完了。これだけでOKである。
なお、画像では既に設定済みなので“Edit...”ボタンをクリックしている/Private IP Addressは既存のネットワーク設定によって192.〜かもしれない/複数のロケフリを設置している場合は、IPアドレスおよびポートを変える必要がある、てなことに注意。


肝心なネット経由のTV視聴だが……適当なインフラがなかったり^_^;)。
近場に野良電波飛んでないかな?(笑)
posted by kom at 02:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする