2005年10月18日

スマートフォンの夜明け

アンテナ ビンビンな人はもうチェック済みとは思うが、Windowsスマートフォン、日本国内で発売へとのことで。
つまり、
Windows Mobile 5.0(OS)+SHARP(ハード)+WILLCOM(通信インフラ)
で モバイルフォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
ってワケだ^_^;)。

だだ、少し気になる所もある。
現在Windows Mobileは3つのバリエーションに展開している。大雑把に説明すると、
・Pocket PC(いわゆるPDA向け)
・Pocket PC Phone(Pocket PCに通信/通話機能を統合したもの)
・Smartphone(Pocket PCの機能の一部を携帯電話に落とし込んだもの。通話/メール中心)
であるが、以前の報道では日本語版ではPocket PC以外のサポートをしないらしい。

という状況を前提にどんな端末が出てくるか妄想してみる^_^;)。
まず、WILLCOMがからむ意味がないのでPocket PCというセンはない。
IT Proの記事では“通称「Windowsスマートフォン」”と書かれているが、Smartphoneの可能性も薄い。既に京ポン2の発売が迫っており、これ以上携帯電話型端末を拡充しても差が付けにくいし、WM5.0を搭載するメリットが活きにくいからだ。
とするとPocket PC Phoneが濃厚であろう。これなら通信機能を持たないPocket PC日本語版をベースにしても、W-SIMと多少のミドルウェアや補完ソフトの追加で形にはなる。昔あったAIR-EDGE INを考えると分かりやすいだろう。

次にパッケージングだが、先述の差別化を推し進めれば大画面(VGA)&キーボードは確定か?ぶっちゃけHTC Universalと同類と予想しているが、もう少しコンパクトにHTC Wizardかスライドキーボード付きザウルスくらいに収めるかもしれない。
WiFi搭載は微妙なところ。あれば便利なのは間違いないが、WILLCOMがというよりコストや実装的にバッサリかも。
更にBluetoothも微妙。基本的に単体完結できる端末ならダイヤルアップモデムとしての使い方は優先度が低い。PDAスタイルだとヘッドセットが欲しいが、そのためだけにBTを搭載するか?
繰り返すが差別化するなら重量級全部入りという方向性になると思われるので、少なくともどちらかは搭載するだろう(PDAが主ならWiFi、電話が主ならBT)。

まぁ妄想なんで^_^;)。
現物が出てから判断ってのがワタシのスタンス(Corplandのトラウマか?)なので寝て待ちます。
posted by kom at 18:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする