2005年08月31日

マウスにこだわる

ワタシは結構マウスにうるさい。うるさいだけで何のバックボーンもウンチクもないのだが^_^;)。
元々Macユーザーかつデザイナーという職業柄、キータイプよりもマウス操作の方が圧倒的に多いので、それなりにこだわりはある。もちろんショートカットも結構使うが、メニューをカーソルキーで選択したりはしない。

そんなワタシが現在マウスに求めている仕様は以下の通り。
  1. 光学センサ
  2. 2ボタン+ホイール
  3. ワイヤレス
これが最低限。
2.は当たり前と思うだろうが、ワタシはMacも使うのだ^_^;)。
チルトは特に必要としていない。マルチボタンもあればそれなりに使うといった程度。

今使っているのはLogicoolのCordless Click! Optical Mouse。特にクセもなく使用感はかなりイイ。一応、上記の条件を満たしているが、ワタシはMac/Win共ノート型なので、USBレシーバーがなければなお良し!なのである。そう、ワイヤレス部分がBluetoothならそんなもの必要ないのだ!
そんな折、ワタシ好みなデザインのBluetoothマウスが。

VGP-BMS30
ワタシはこういう稜線がはっきりしたデザインが好きなのだ。

IPCZ088A
実は東芝のコレを検討していたのだが、(比較すると)デザイン的には平凡だしなぁ。
仕様的にも大差ない……と思ったが、小さくない違いが小さい字で!(笑)
それは電池の持ち。
ソニーのは、1日5時間/週5日で約2ヶ月(=約200時間)。
東芝のは、1日1時間/週5日で約2.5ヶ月(=約50時間)。
全然違うやん……。どういう計算?

とりあえずソニーのを買っちゃうけど、アップルのMighty MouseがBluetoothだったらねぇ。
posted by kom at 07:24| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

Universal Go!

ついに堪え切れなくなってeXpansys UKでUniversalを予約してしまった^_^;)。

Windows Mobile 5.0搭載、そしてWiFi/Bluetooth/IrDA/VGA画面/キーボードの全部入り、しかもGSM/W-CDMAデュアルなのでうまくいけば日本でも使えるカモ、という待ちに待った大本命なのである!!
ところでJASJARってどういう意味なんだろう?i-mateはUAEの企業らしいので、アラビア語なんだろうか?

ちなみに上のは今使っているJAMと同じi-mateブランドのもので、Qtekブランドの物もある(ちなみに.chはスイスらしい)。基本的にハード的には本体色しか違わないはずだがeXpansys JPにはQuad-bandと書いてある。まぁ気にするほどのことでもないが。どちらの色にするか未だに決めかねているので、両方オーダーの両面(リャンメン)待ちにしてみた^_^;)。もちろん遅い方はキャンセルしますとも。
JASJARの方はあくまで予定だがカウントダウンに入っているので、未確定ながら入荷情報があるのだろう。白の方が分が悪そうだ。

実の所、日本語化に関しては神がいらっしゃるので、ほとんど心配していない。
自分でどうにかするわけじゃないから人柱じゃないよね。実験台を差し出すだけの木人形(デク)だよ。
どうやらきさまは最高の木人形のようだ」by アミバ

う〜ん、早く来てくれ〜〜〜。
posted by kom at 18:03| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(2) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミックバトンその2

先日ネタを振ったkainさんのレポートです。乙!
ちなみに紫の文字はワタシのツッコミです。

1.Total volume of comics in my bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
約200。実家にその2〜3倍。今後増える予定、大アリ。とほほ。
名作はいつでも読み返せるように、買いそろえてしまう性分なので。

う〜む、名作だけ、なの? まぁ人それぞれ価値観はありますが^_^;)。

2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
バキ (27)
読む人を選ぶ、コッテリ濃厚格闘マンガ。
その内容の半分は「試し割り」に相当する部分で、このキャラこんな凄いんですよ〜ってのを格闘シーン以外で延々と描く。それでモリモリと肉付けされた キャラ同士がガチンコするんだから、熱いったらありゃしねえ!「そんな人間いねえよ!」と思いつつも、妙な説得力にのめりこんでしまう。
あと、板垣節という独特のセリフ回しがコッテリ感UP!「極上の料理にハチミツをぶちまけるが如き思想!」とか。

面白いのは間違いないけど、ストーリーってあるのかなぁ^_^;)。え?求めるのは筋違い?
強そうに見えてかませ犬だったり、立場逆転に見えて再逆転したり。裏の裏の裏の……あれ、どっちが表だっけ?という展開(笑)。


20世紀少年 (19)
いや、わかってるんですけどね。「MONSTER」の焼き直しかなあと。でも伏線のばらまき方と、話の引っ張り方は相変わらず巧い!(でも素顔ネタで 引っ張るのはもうカンベン)
普通のミステリーかと思いきや、いつのまにか未来のお話に…で、今のともだちって誰?!てな感じに今、最も次巻が気になる一作。

これも面白い!特に少年時代の思い出にノスタルジーを感じるのは、昭和40年代生まれがギリギリの線かなぁ(爆)。“絶交”“友民党”“親友隊”など言葉遊びも秀逸。あとは「MONSTER」の二の舞にならないことを願うのみ。

3.The last comic I bought (最後に買った漫画)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (9)
そんなにファーストまんせーではないが、なにげに買い続けていたら面白くなってきた。ランバ・ラル夫妻の漢っぷりにシビレます。ザビ家の確執なんかもう、アリオンの世界かと。こんな原作に無かったエピソードを違和感無く描けるあたりが、ファーストの偉大さかもしれない。

安彦良和って、イラストレーターとしては大リスペクトなんだが(直筆サイン入りイラスト集持ってるしな^_^;)、マンガとしてはちょっと読みづらいっていうかクド過ぎるのが難か(笑)。ランバ・ラルが出てくる辺りまでしか読んでないが、アッザムがサクッと消えてたような…。ザクレロやビグロの出番はいかに?!

よつばと! (4)
どんなに仕事に疲れた心も和ましてくれる、非常に癒し効果の高い作品。そこらの萌え系ギャグマンガとは一線を画する、構成力とセンスの良さが秀逸。絵も 丁寧でなにげに上手く、一般人にも安心してオススメできる。

これは全く知らない。いずれまた。

4.Five comics I read a lot, or that have a lot of intensity of feeling to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
軽井沢シンドローム
Amazonに表紙イメージがなかったのでリンクはSPROUTの方。元祖「軽シン」はコチラ
魅力を説明するのは難しいなぁ。登場人物が非常に立っていて、その考え方や言動がカッコイイと思った作品。絵もかなり独特でハマってました。続編「〜 SPROUT」も買っているが、果たして前作を超えられるのか?!

ツッコミもまた難しい(笑)。たがみはコレがピークだと思うぞ。絵は小奇麗になってるけど。作品の完成度を含めると化石(いし)の記憶 の方が断然好きじゃ。

ここはグリーン・ウッド (2)
楽しい高校生活のバイブル。これと「究極超人あ〜る」があれば完璧!やっぱり学生生活を楽しくするか否かは、自分次第だと気づかせてくれた一作。私はちょっと、楽しくしすぎました。

ワタシにはそれほどの思い入れはないが、作品世界にハマリ込んで、最終巻では卒業する登場人物達と同じような寂寥感を味わったのは確か^_^;)。
青春ってなんだーーッ!!(白い球ではありません^_^;)


ジョジョの奇妙な冒険 (1)
やっぱり荒木飛呂彦ははずせないので。何が起こるのか予測不能なシチュエーションと精神的な駆け引き、力技だけで終わらせないオチ等がよい!映画からパクってるネタもあるが、ちゃんと消化してジョジョらしい結論を出しているので許す!…でもそろそろスタンドからは卒業しよう!な!

荒木飛呂彦も燃え尽きちゃったかな?少なくとも第2部(大目に見て第3部)までは絶好調。いかにして敵(=読者)を欺き説得力のあるオチに繋げるか、その演出に一読の価値アリ。パクリもそうだがウンチクが鼻につくけどね…。独特の擬音や名(迷)セリフも多し。レロレロレロレロレロ

すごいよ!!マサルさん―セクシーコマンドー外伝 (1)
私のマンガライフのパラダイムシフト、とは言い過ぎか。(笑)この歳でこんな下らないギャグマンガに金を出してしまうとは思わなんだ。ツボです。

ツボにはまれば無類の面白さを発揮するが…。正直、もうあんまり覚えてない。ボスケテ……。

カイジ―賭博黙示録 (1)
私のマンガライフのパラダイムシフト、その2。こんなヘタクソな絵に金を払うとは。(笑)いや〜、でも限定ジャンケンはもう、神話クラスの面白さですな。あの全てを失うかもしれない緊張感と不安、異常なまでのプレッシャー…もう視界はグニャグニャすよ。あのテンションをもう一度!

あの視界グニャグニャが福本の醍醐味だよね。アカギにあんまり出てこないのは、基本的に勝ち続ける話だからだろうか。Eカードやチンチロも面白かったけど、まずイカサマありきというのはいかがなものか^_^;)。

お疲れ様!ワタシも地味に疲れた……。
posted by kom at 17:22| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Comic/Anime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

作戦記録:050813(0900-2800)

今日は11:30に集合とかなり遅めの設定。ここ香港ではお昼を過ぎないとお店が開かないので、午前中にできることは朝粥と太極拳だけらしい。いい国だ!(笑)
ワタシは寝起きが弱いので、余裕を持ってアラームを10:00に設定。割りとすんなり起きられたが、時差を修正し忘れていたので実はまだ9:00だ!
ガッデム、あと1時間寝られたのか、と思っている内にホントに小1時間ほど2度寝に入ってしまった。ヤバイ!!
速攻でシャワーを浴び、髪も生乾きのまま落ち武者のような格好で待ち合わせのロビーに降りると誰もいない。場所を勘違いしたかと思い、電話をかけようとしている所にAsukal先生到着。
ともさんは単に寝坊、siam_breezeさんはワタシと同じ事をしていたのだが、タイからの時差は+1時間なので、余裕を持っているつもりで何をせかしてるの?という感じだったらしい。
寝坊魔・遅刻魔のワタシに一番乗りさせるとはいい度胸じゃねぇか!?(笑)
そのちょっとした待ち時間に、ともさんとAsukal先生の写真を抜き打ちで撮ったのだが、二人とも魂が半分抜けかかっている^_^;)。まぁ武士の情けだ、写真を公表するのは許してあげよう。
って落ち武者だから武士じゃないんだっけ……。

揃った所で早速出撃、まずはモンコックにある亜州モバイル人柱隊のGHQへ。おぉここは前に来た事があるよ、忘れたくても忘れられない腐豆腐の店の近くだ。
こちらの方達も知る人ぞ知る、YKK師匠とTJ氏とバスター氏。いずれもワタシごときのハナタレが話しかけることのできないはずの大御所達だ。昨日の山根博士Reveil氏も既に到着している。

まずはWindows VISTAのβ版を肴に前哨戦(笑)。軽いジャブを繰り出すうちに、バスター氏がTreoへの熱い思いを語り出した。その一端として、オーダーメイドの革ケースを披露。サイズはもちろんTreo600/650にぴったりの上、悪影響が懸念される磁石を使用しない本格的な物である。偶然にもi-mate JAM(O2 mini)にもぴったりなので、記念にひとつ頂きました。ありがたや。

程よい時間になったので、近所の飲茶に繰り出す。ここでバスターJr.氏も合流。礼儀正しい好青年といった感じ(そんなにワタシと歳は離れていないんですが^_^;)だが、いずれ父との対決を経て、人柱隊をしょって立つリーダーになるのかもしれない(笑)。
実の所、あまりに飲茶がおいしくて、どんな話をしたのかあまり覚えていない^_^;)のだが、楽しい一時を過ごした後、いざ買い出し?へ出発。バスターJr.氏はここで撤収。

まだこの時点では決心していなかったのだが、少し多めに両替をして、PDA屋(場所、忘れました^_^;)へ。
ここで日本在住のmetro氏合流。今回の合同オフ会の話を聞き、急遽馳せ参じたツワモノである。その筋では有名な方らしい。
特に山根博士と待ち合わせた訳ではないようだが、立ち寄りそうな所を読まれていたようである。一流は一流を知るということだろうか?
一周りして取り立てて(ワタシは)収穫もなかったので、本命の先達廣場へ。

ともさんは先行して次期会員証となりうる端末の価格交渉へ、siam_breezeさんはT-Mobile版BlueAngel購入へ、ワタシはV3購入へと三三五五に物欲解放へ散って行った(笑)。
ここでも山根博士に交渉の仲立ちをして頂き、特に値切りはしなかったが非常にスムーズに購入できた。ホントに助かります。

各自、思い思いのブツを手に入れ、本日のメインイベント、合同オフ会会場へ。
参加者は以下の通り(順不同)。
香港から、YKK師匠・TJ氏・Reveil氏・Asukal先生・山根博士・10g氏(わざわざお土産ありがとうございます)。
タイから、siam_breeze氏・CWPガネーシャ氏・とも@すくび39氏。
日本から、metro氏とkom(ワタシ)。
総勢11人という大所帯だが、頭数よりもその顔触れだ。その中でワタシだけが、まるでオールスター戦に誕生日というだけで呼ばれたような状態なんである^_^;)。しまった全員にサインを貰っておくべきだったか?^_^;;;;;)
ここでも舞い上がっていたためか、あまり記憶がない(苦笑)。一つだけ言えることは、「V3最高ッスよ、YKK師匠!!」ということだけだ。そして飛ぶように時は過ぎて1次会終了。

YKK師匠はお帰りになり、残り10人でMacCafeへ。マクド系スタバ迎撃用店舗といった感じなのだが、香港ではあちこちにある。もちろんスタバ同様、全面禁煙だT_T)。
主な話題は、同胞の戦利品であるHaier P5と、T-Mobile版BlueAngelだったろうか。特にキーボード付スマートフォンである、BlueAngel vs hw6500 vs Treo650のしのぎを削る戦い(何のだ?)は熱い物があった。BENQ P50は唯一のオーナーであるsiam_breeze氏がBAに傾いていたので後れを取っていたが(笑)。途中でともさんはHMVへ。

閉店(ということは12時だったか?)までダベって、追い出されるように解散^_^;)。
道(というより目的地)を分かってないテキトーなタクシーのおっちゃんにぐるぐる走り回られつつもともかくホテルに帰着。
エボラ疑惑のある^_^;)Asukal先生は撤収、飲み足りないsiam_breeze氏とReveil氏とワタシは近所のバーへビールを飲みに行った。
ほどほどに飲んだ後、帰宅&就寝。
posted by kom at 09:57| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガッカリ……orz

6月末に締め切って2ヶ月近く待たされたタイフォトコンテストの結果がようやく出た。

結果:かすりもせず

ちなみに応募した写真はコレ。年賀状などで何度か当ブログに出した写真の別カット。



縮小しているので分からないと思うが、実はちょっぴりブレている^_^;)。
Cyber-shot T11に三脚穴はないんや〜〜〜。

元々ワタシはあんまり写真(というかカメラ)に興味ないし、だからこそT11みたいな画素数は高くてもスナップデジカメを使用しているのだが、しかし、しかし、しかし…………。

受賞作品を見て欲しいのだが、非常に納得いかないのだ。
上位3賞は良い。題材も画面構成も受賞に値するものだと(素人目には)納得できる。
ぬけぬけと言わせてもらえば、最優秀賞は遠方をボカシたほうがもっと良くなると思う^_^;)。

納得いかないのは入賞10作品だ。画像が小さいので良し悪しが分かりにくいが、明らかに大した事ないのがいくつもある!(もちろんイイのもある)
正直、過去の受賞作品から入賞ぐらいイケるのでは、と目論んでいたのだが……。甘ちゃんですか?

次回、どうすっぺぇ……。カビキラーも裸足で逃げ出すぐらい、根こそぎヤル気が分解されてしまったのだが(苦笑)。
いやしかし!
ワットアルンで再チャレンジします!!
そして往復チケットをふんだくってやるのだ!!! ←それが目的

明日のためのその1:タイに行くべし!
明日のためのその2:三脚穴のあるデジカメに買い替えるべし!(笑)
posted by kom at 00:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

インフラだけは1人前!ワタシと世界を繋ぐ線

ごく一部で命を削る熱い勝負が繰り広げられている。
比較してもどうしようもないのだが、普段の自分の環境を確認してみた。

場所は都内某所。ぶっちゃけ自宅だが、通勤電車・職場いずれも電波状況は良好なので大差ないはず。

まずはメインマシン。環境は以下の通り。
ハード:Zaurus SL-C3000
ソフト:NetFront 3.1
通信:bitWarp PDA(AIR-EDGE 128kパケット)

データ=160k
平均速度=93.8 kbps


データ=500k
平均速度=98 kbps


データ=1M
平均速度=86 kbps


多少の振れ幅があっても、まぁ大体こんな感じ。体感的にも実用的にも問題ないが、機器認証のネゴシエーション(最初に接続する時だけ)にべらぼうに時間がかかるのが難点。

次に、最近めきめきと頭角を現してきているサブウェポン。
ハード:au W31T
ソフト:PCサイトビューアー(OPERA 7.60)
通信:CDMA 1X WIN

データ=160k
平均速度=32.821 M bps


データ=500k
平均速度=105.263 M bps


ついに100Mを超えた!!
んなわけなく、どうやらプロキシか何かで圧縮がかかっている様子。ありがたいことだが……。メールはともかくウェブの方は、通信が速くてもレンダに時間がかかってしまうのでそこまでの体感速度はない。まぁ京ぽんに比べればはるかに実用的だけど。
ちなみに1Mは本体メモリの関係か測定できなかった。

と、本来の目的とは違う所でW31Tのイケテナイ点に気付いた。
まず画面メモ機能であるが、京ぽんのようにHTMLで保存するのではなく、JPEGで画面のスナップショットを撮っているに過ぎない。目的によっては悪くないのだが、画面からはみ出た所はアウト。オォーーイ何やってんだよ〜〜。
しかもその画像はPCサイトビューアーでしか表示できず、本体メモリ内にデータとして見えないため、メモリカード・メール添付・Bluetooth送信などいかなる手段でも取り出すことができない。これは使い勝手が悪いなぁ。頼むよ東芝ぁ〜〜〜〜T_T)。
posted by kom at 04:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

コミックバトン

友人のnancoさんからコミックバトンなるものが回ってきた。正にワタシ向けのネタと言えよう(笑)。まぁこのジャンルでもイマイチ半端なワタシだが。
“「コミックバトン」はバトンが回ってきたら、漫画に関する5つの質問に自分のサイト上で答えて5人にバトンを回す、というゲームです。不幸の手紙じゃないので安心してね(笑)”
とのこと。どっかで見かけたミュージックバトンのマンガ版と言っていいだろう(何でもできそうやな……)。

1.Total volume of comics in my bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
東京に出てきてからは手元に置いておく価値のあるものしか買わないようにしているので、せいぜい40冊ぐらい。実家にある分を含めても100はないでしょう。

2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
鋼の錬金術師(11)
まずは言うまでもなくコレ。広東語版・英語版も持ってるしネ。
絵のウマさは当然、テーマの重さや設定の破天荒さ、テンポのいい展開(よく韻を踏んでいます)出たとこ勝負でない緻密さ、語りだしたらキリがない^_^;)。
エヴァほど伸びなかったのは、原作が終わってないせいか。

ドラゴン桜(9)
現在TVドラマで放送中なのでご存知の方も多いのでは。
“ネタとしては面白いけど、今さら東大合格って言われてもなぁ〜”という人も多いと思う。確かに序盤はその破天荒なテーマに説得力を持たせるために、東大受験のメカニズム・科学的根拠に基づく学習法・教科ごとの攻略法など、客観的・論理的説明に紙面を割いていた。現在連載は夏休み(夏期講習と模試)まで進んでいるが、読者層を広げるため(だと思う)に主題は教育論・子育て論・部下育成論まで広がってきている(もちろん物語は受験中心のまま)。自ら学ぶ時・人に教える(人を育てる)時、特に子供を持つ人には一度手に取ってもらいたい、今年一番のオススメ。
ただし東大受験そのものに関しては東大合格法―「ドラゴン桜」を検証!!という本も出ているので、あまり真に受けずにマンガとして楽しむのが吉(笑)。

3.The last comic I bought (最後に買った漫画)
アカギ(17)
麻雀マンガは、実は結構難しい。運だけで勝っても白けるし、イカサマし放題だと麻雀の論理性が損なわれてしまう。
基本的に福本伸行は論理(ロジック)で話を組み立てていくタイプの作家であるが、麻雀もいわゆる定石と言うか、打ち筋から相手がどのような手牌であるか推測したり、状況によってどう打つのがベストなのか論理的な説明が可能な遊戯である。福本は一歩踏み込んで敵の心理の流れに重きを置いている。すなわち何を推測し、何を恐れているのか。その土台は論理であり確率である。その土台が突如崩壊して奈落の底に落ちていく所に醍醐味がある。
ただ、単に裏を取ればいいというものではない。論理を外れると言うことは相応にリスクが増大するだけなのだ。いかにして相手の思考を縛り、落とし穴に誘い込むか。その心理戦が福本の真骨頂である。
麻雀のルールを知らないと面白くないので万人向けでないが、そういう人にはカイジがオススメ。1〜5巻の“限定ジャンケン”編でその面白さが分かるはずだ。

銭 3巻
特定の業界がどのような仕組みで成り立っているのか、銭勘定の視点で解剖していくレポートマンガ。マンガ出版・コンビニ・同人誌・アニメ製作など対象が偏っているが(笑)、3巻ではカフェ・ペット業界と少し広がってきた。
ストーリー的には少し切れが悪いが、雑学としてなかなか面白い。


4.Five comics I read a lot, or that have a lot of intensity of feeling to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
デビルマン (5)
あれは〜誰だッ!誰だッ!誰だッ!でおなじみのデビルマン。ですがッ!!
アニメの海パン野郎とは全く別物。デーモン(悪魔)のグロテスクで醜い外見よりもむしろ、ひたひたと水が染み出すように迫ってくる恐怖感に、子供の頃はちょっとビビってました^_^;)。
中盤に差し掛かった頃、不動明(主人公)が読者に向かって語り出すのです。
「これは架空の話ではない、デーモンはあなたの隣人かもしれないのです」と。
そしてデビルマン対デーモンから人類対デーモンへ話が展開すると、一気に状況が変わっていく。叙事詩的なラストシ−ンは奇跡的ですらある(永井豪は勢いで描く作家なので、ちゃんとオチるかは運次第^_^;)。ぜひとも読んで欲しい傑作だ。
あと、新〜とか真〜とか文庫版とか似たようなのが一杯あって悩むが、元祖コミック版が一番評価が高いので間違えないように。

人造人間キカイダー(1)
石ノ森ヒーローの普遍的なテーマとして、“超人的な力の代償として人間としての幸せや喜びを失った悲しみ”というものがある。キカイダーは逆のアプローチで、限りなく人間に近いロボットのジローが不完全な良心を抱えて思い悩む。
TVと連動した連載だったため、敵ロボットとの対決と言う分かりやすい形で話は進むが、全く違うラストシ−ンに必ず度肝を抜かれるはず。これもやはり名作だと断言します。

アップルシード(1)
今でこそ攻殻機動隊やイノセンスでメジャーな士郎正宗だが、商業デビュー時からのファンであり、実はサイン本も持っている^_^;)。AKIRA(大友克洋)と甲乙付けがたいが、サイバーパンク的な世界観や軍事マニアっぷり(兵器だけでなく戦術もウルサイ^_^;)は圧巻である。ちなみに尻切れトンボのまま放置プレイされているが、ケリをつける気はあるのかな?
あと、ここまで作画力がありながらデカ目キャラなのは、作者が好きなんだから甘んじて受け入れるしかない(笑)。

ファミリー!(1)
今回の隠し玉である^_^;)。高校時代は漫研に在籍しており、女子がレイフ、レイフとはしゃぐので借りてみた。実の所、主人公が振り回されるタイプの話はイライラする(笑)ので取っ付きは悪かったが、徐々にその魅力にハマってしまった。
今でこそアメリカに対する憧憬みたいなものは薄れてきているが、最も身近に感じる国の文化に興味を引かれたのだ。脱線するがワタシのイチオシ映画はBACK TO THE FUTUREである。これも主な舞台が50年代のアメリカであり、古き良き時代のアメリカ人の生活が描かれている。
前に帰省した際に読み直してみたら、ほとんど忘れていてもう一度楽しめました^_^;)。
ちなみにワタシはケイがお気に入りキャラであるが、もちろんゲイではない(ホントに!!)。

仮面ライダーSPIRITS(7)
何を隠そうライダー世代なので、ノスタルジーだけで半分逝きかけてしまうのだが^_^;)、これは単なるリメイク作品ではない。
3巻までは歴代ライダー達の後日談的エピソードが続くが、謎の組織BADAN(バダン)が裏で手を引いていることが見えてきてZX(ゼクロス)編へと繋がっていく。つまり、歴代のエピローグであり、ZXのプロローグでもあったのだ。
絵のうまさもさることながら、歴代ライダー達のキャラクター設定やライダーキック以外の技の使い所など、仮面ライダーを知り尽くした快作と言っていい。ライダー世代必読である。


うわぁ〜〜〜5つなんて無理無理!少なすぎ!!(笑)
次点として、ジャンプ全盛期からジョジョの奇妙な冒険、マガジン下克上期から金田一少年の事件簿もピックアップ。ジョジョは独特の作風と個性的なキャラクター、意表をついた逆転劇と見所は多いが、ジャンプの宿命(人気が出ると枯れるまで引っ張る)のため飽きたらそこまで。金田一は推理マンガという新ジャンルを打ち立てて大ヒットしたが、ネタのパクリやよく検証すると穴だらけのお粗末な構成でミソを付けてしまったのが残念。
とはいえ、連載当時はハマリました。

5.Five receivers of the baton (バトンを渡す5名)
え〜〜と、身近にマンガ好きでしかもHP持ってる人っていないんだよね〜〜^_^;)。
とりあえずkainさんもやってみれ。HP持ってないから、テキストをメールにて送ってくれれば、ワタシのブログに載せます(なので5.は不要)。
タイばっかりさんもやってみる?あんまりネタがないないようなら辞退してもOKです。
あと3枠余っているので、やりたい方はコメントを入れてください。

##ネズミ講じゃないんだから、5つも分岐するのはヤリすぎなんだよなぁ。
  わずか5世代で何人に広がるのか計算してみろっつ〜の。
posted by kom at 20:43| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Comic/Anime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

死のロード

8勝7敗1分けで勝ち越してますじゃなくて、ようやく東京に戻ってきた。
香港行きを始め、なかなか充実した夏休みだったが、やはりPCレスはストレスが溜まるなぁ^_^;)。環境を作り込めばザウルスでも大概の事ができると思うが……。準備不足を考慮しても、やっぱり役不足は否めない。以前挫折したpdaXromに再チャレンジするか……。

さておき、サイドバーのリンクをちょっと手直ししてみた。
ぶっちゃけ今回お会いした香港の方達のサイトを入れたかっただけなのだが^_^;)。Asukal先生が香港の中に入っているのはご愛嬌。
BKK_mobileの方達のサイトも別枠としたが、全部見て周ると益々自分の更新が滞ってしまうジレンマ……。
posted by kom at 03:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

作戦記録:050812(1830-2700)

今回は昼過ぎのフライトなので、かなりゆっくり目のスタートでいいはずだった。しかしここ数日のワタシは、帰宅後ウェブ巡回とメールチェックが精一杯で、それこそ電池が切れたように落ちていた。そして前日も。荷造りもせずに……。まぁバタバタしたものの、ほぼ予定通りに自宅を出て、余裕で搭乗できた。
香港へは予定より1時間近く早く着くようなことを言っていたが、結局着陸待ちで予定通りの時刻に。

早速、ローミングでメールチェックなどを始めるが、GPRSもできているのに発信(SMSも)ができない。どうにかホテルに着き、siam_breezeさん・とも@すくび39さん達タイ組と、山根博士・Reveilさんの香港組、そして我らのアイドル(笑)Asukal先生と合流。
最初、山根博士がふざけて「Asukalです」と言ったのを真に受けてしまったワタシは、どちらに対して失礼なのでしょうか?(笑)
さておき、ともさんにチェックイン+ゴールドパスポート申込を手伝って頂き、その足で聖地 先達廣場へ直行。

ざっくりと回りつつ、それぞれが思い思いに物色。siam_breezeさんは早速掘り出し物を発見。今となっては実用性は皆無だが、思い入れのある一品とのこと。山根博士の強力なアシストにより無事獲得。香港流交渉術は、なかなか一筋縄ではいかないようだ。
ワタシは香港ならではのゲテモノを探しつつ、とあるもの(もうバレてますが^_^;)の価格調査に勤しんでいた。
最後に次期会員証と目される端末が発見されたが、それは翌日のお楽しみに。

その後ラーメン屋、と言うとニュアンスが違うなぁ、中華ソバ屋でプレ・オフ会。そば一杯と中華檸檬紅茶(勝手に命名)でかなり粘りましたね^_^;)。粘ったというより、話が尽きなかったというのが正解でしょうが。

午前2時頃ようやくホテルに帰着。どうもワタシのローミングがおかしいようなので、万一の連絡のためAsukal先生にSIMをお借りした。
siam_breeze氏は早くもオーバーヒート気味で(昨日は2時間しか寝てなかったとか)就寝、ワタシはともさんと夜食のワンタンを食べに再度出撃するのだった(Asukal先生、お手数かけました)。
いや〜〜非常に美味でしたよ、ワンタンも○○も。
ようやく初日終了、ネットを見る余裕なし。
posted by kom at 20:31| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ

まだ平穏な日常は戻っていない。
昨日はちょっとしたイベントの後、友人とボウリング大会。と言ってもたかだか5ゲームでグダグダ状態(このメンツは10ゲーム1セットです^_^;)。
左で投げても調子が良ければ130くらい出るのに、本気を出しても140台という体たらく。歳は取りたくありませんな。

香港レポートは今晩くらいからぼちぼちアップする予定です。今しばらくお待ちください。
posted by kom at 01:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

せっかくだから……

2,000バーツ弱あったAISのチャージが底を尽きて、ついにメールチェックすらできなくなってしまった。まぁ一日くらいほっといてもどって事ないのだが、しぶしぶボッタクリ インターネットサービスを使用することにした。
っていうか、せっかく持ってきたAirMac Expressを使いたかっただけなのかもしれない^_^;)。
その有り様の写真は後日アップします。

posted by kom at 03:45| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

香港上陸作戦

バタバタして全く更新できていないが、12日から香港に来ている。
ホテルのブロードバンド環境がぼったくりなのと、あまりに充実しすぎているため、詳細は帰国後にゆっくりと上げます。
ひとつだけ。やっぱり来て良かったです。思っていた以上に。香港(+大陸)在住の大御所に直にお会いできて、生の声を聞けたのが非常に大きいです。基本的に、インターネットがどれだけ進歩しても、同じ飯を食い、杯を交わして(飲めない人は水でも無問題)、直に話すことがどれだけ大事か再認識しました。本当にすばらしい体験をさせていただきました。

もうひとつ、MotorolaのV3買っちゃいました^_^;)。バンコクよりちょっぴり安いようです。

posted by kom at 04:50| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

旅の目的

【8/18記】
今回の香港行きの目的を思い付くまま。
(先に宣言すべきだったが、こんなことを考えていたのです)

  • 本場の美味しい飲茶を堪能
  • タイ在住のMLメンバーと再会
  • 香港在住の方達およびAsukal先生と初顔合わせ
  • 強力無比なガイドによる香港電脳街攻略
  • 何か1品、携帯電話またはPDAを購入
  • PCレス モバイル環境の構築

本来ワタシは、自分のニーズを積み上げていき、ほとんど全てが網羅されている、あるいは完璧な物が存在しない場合は最も理想に近い(つまり妥協点の少ない)ものしか買わない。
しかし今回は、やたらと安い物であったり、アジア的にとんがった製品(平たく言うとゲテモノ)であってもゴーサインを出すつもりだった。

また荷物の軽量化のため、ノートPCを置いてZAURUSをメインマシンにしてみた。
さらに一部の物はUSBハブで充電できるように、ケーブルを入手しておいた。
一応、1点を除いて基本的なネット環境はできたはずである。それは追って報告する。

ちなみに携行したモバイル機器は以下の通り。
・ZAURUS : SL-C3000
・i-mate JAM(GSM携帯+PocketPC)
・au W31T(国内用携帯)
・サイバーショット : DSC-T11(デジカメ)
・iPod
posted by kom at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

楽しい茶番が始まるゾ!

asahi.comより引用
政治ネタはいろいろ言いたいこともあるけど、こんな所で熱噴いても不毛なので(笑)。
だが昨日の小泉ちゃんは目の覚めるような青いネクタイをしてるではないですか。

お前自身が反対派かーーーーーーッ!!?(笑)
これはツッコマねば関西人の名折れ^_^;)とエントリしてみました。
posted by kom at 09:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

V902T雑感

Vodafone V902Tを入手して10日ほど。実の所、W31Tがワタシのニーズにジャストミートしてしまっているので、あまりなじめていない。主にW31Tとの比較になるが、気づいた事や不満点を思いつくまま書いてみる。単にワタシの勘違いだったり、解決策があればご指摘願いたい。

まずはハード面。
わずか30g強だが、間違いなくずっしり重く感じる。W-CDMA/GSMのデュアル端末ではあるがW31TもGPS内蔵してるし、とするとActive Turn Style用のヒンジの分?
今まで使ってきた端末のように、尻ポッケには入れられない。
キーはどちらかというと小ぶりだが、W31Tが大きく打ちやすいので余計に打ちにくく感じる。特にクリアキーは使用頻度に反して小さくなっているのでNG。
サイドキーは押しやすく良好だが、カメラとして使う時ぐらいしか出番がない。というかターンスタイルでVodafone live!を利用できないのはいかがなものか。
ちなみにV902Tはサイドキー無効にしていても、ちゃんとバックライトが光る。
大柄なだけあって、外部メモリはSDカードなので使い勝手が良い。

続いてソフト面。
メニュー画面はアイテムも配置も変更できない前時代的なもの。特に待ち受け時にソフトキーが割り当てられている、メールとVodafone live!が入っているのは理解に苦しむ。
設定メニューの階層もデュアル端末のためか1階層多く感じる。これは感覚的なもので、Vodaに不慣れなせいもあるかもしれない。
文字(フォントデザイン)も癖があるというか、平たく言えば古臭いデザインだ^_^;)。ライセンス(基本的にフォントは自前で開発しない)やサイズ(何ドット×何ドット)の制約があって、簡単には変えられないのだろう。

文字入力のキーアサインは最も好き嫌いが出る所だが、キャリアごとメーカーごとに過去のしがらみから抜け出せない鬼門でもある。
V902T/W31T共に文字変換はモバイルRUPOのはずだが、基本的な考え方から異なっている。
V902Tの基本は通常変換。予測変換候補は表示されているが、フォーカスを移すには予測ボタンを押さねばならない。候補にフォーカスが移ったら上下左右で選択できる。
W31Tの基本は予測変換。通常変換や英数カナはソフトキーで行う。左右キーで文節の切り分けを変更できるので、予測変換候補が左右に並んでいても上下キーで選ばなければならない。
ここまでは単純に好みの話。
問題は「明日は→忙しい→ので」と予測変換が連続した時だ。W31Tは上下キーと中押し(確定)だけでサクサク入力できるのだが、V902Tは確定するごとに文字入力モードに戻るので、都度予測ボタンを押さねばならない。これでは“予測”変換が活きてこない。明らかにV902Tの劣る点だ。

ワタシはアドレス帳のバックアップソフトとして携快電話を使っているのだが、新機種ゆえV902Tはまだ対応していない(ケーブルも必要だが)。
そこでBluetoothでアドレス帳を転送することにした。非常に簡単に転送できたのだが、全データを送るとエラーを起こすのでやむなく1件ずつ送った(せいぜい50人分ぐらいなので^_^;)。

あと、某飲み屋でおネェちゃんに壁紙(自分で撮ったワットアルンの写真)をおねだりされたのだが、MMSで送ると勝手に画像サイズを変えられてしまう。どうやら受け手側の問題のようだが、回避方法が分からなかったので結局赤外線通信(IrDA)で転送した(相手はV401SA)。

最後に、Vodafone live!。
3Gの割りに遅い気がする…こんなもん?
EZwebもそうだが、着メロやゲームのダウンロード以外の使い道がない。あ、駅探もあるか。
何か便利なサービスがあったら教えてください。


総括すると、端末としては決して悪くないのだが、ソフト的に遅れている印象が強い。あまり開発リソースを割けない事情があるのかもしれないが、ちょっと残念な状態。特に文字入力は再構築して欲しい。
posted by kom at 02:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | PDA/mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

CD x2

最近タイPOPSばっかり聞いているので、たまにはJ-POPも、となんとなくレンタルしてみた。

BENNIE K : Synchronicity
頭にこびりつくほど聞かされているコカ・コーラのCMでおなじみ。と思ったらCM曲(Dreamland)は入っていなかった…。orz
そもそもヒップホップ(でいいのかな?)はほとんどはじめて。でも楽しいカンジはこれからの季節にぴったりだ。シングルも借りに行こ^_^;)。

BENNIE K オフィシャルウェブサイト

布袋寅泰 : MONSTER DRIVE
相変わらずギター全開&あざとい曲作りは健在。もやもやした時にガンガン流すとイイカンジ。毒をもって毒を制すってヤツ?(笑)。

TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE + HOTEI.COM
posted by kom at 01:50| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンバラを征く者

劇場版 鋼の錬金術師を見てきた(土曜日の話だが…^_^;)。
ワタシの評価は50点、「DVDレンタルで充分」である。

ストーリー的にはTVシリーズの3年後、少し時間は経っているが続きの話である。いくつか気になる所があったのでDVD最終巻(ホムンクルス封印から最終話まで)を見直したが、めちゃくちゃネタ振りまくり。悪い訳じゃないが、あまりに明け透けすぎて伏線とは言えない^_^;)。

何がダメだったんだろうと考えると、映画としての華がないということだろうか。ストーリー展開に意外性や緊張感が不足している。これがTVシリーズ最終回2時間スペシャル!とかだともう少し納得できるのだが(映画代と同額の視聴料を取られるとしても)。
これがハガレンの総決算なの?ってカンジ。

まぁそれはそれとして、アニメ版はこれにて終了。
あ、しまった、映画までに“斬る!”をやるつもりだったっけ……もごもご……^_^;)。

posted by kom at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Comic/Anime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

UIと言えばApple

先日、発売されたばかりのiBook(Mid 2005)の実機を見た。ワタシのPowerBook G4はまだまだ引けをとらないので全く買う気はないが、Core Imageに対応しているか気になったので確認したかったのだ。と言っても大した事ではなく、Dashboardのウィジェットを置いた時に波紋がポヨ〜ンとなればOK(今の所これぐらいしか確認手段はないはず)。波紋を見たことがない人は、こちらのデモをど〜ぞ。結論としては対応してました。
なんでこんな重箱の隅をつつくかと言うと、その昔PowerBook G3('99/Lombard)のビデオカードがOSXに対応してなくて、DVDビデオが見れなくなった(OS9では見れる)からなのだ。他にもビデオドライバがらみで使えないアプリがあったりして、少々ほろ苦い青春の1ページ(笑)。ともかくOSの機能/性能をフルに引き出せないハードは非常に損をした気になる小市民なのだ。

さておき、ついでにトラックパッドスクロール機能も試してみた。これが非常にイイ!!
類似の機能として、パッドの右/下のフチをなぞる(Winでは普通)とか、スクロールボタンを押している間だけスクロールモードになるとか、変わった所で丸いパッドの外周部をなぞるという物もある(ぐるぐる回せるので、四角より便利!)。
だがしかし、2本指というアイデアは頭ひとつ抜き出ている。実際にやってみると実感できるのだが、とにかく直感的(移動方向と同一と言う意味で)で操作が簡単なのだ。つい楽しくてむやみとスクロールしてしまった^_^;)。

さすがApple、UI(ユーザインタフェース)の大家たる面目躍如であろう。

そんな折、こんな新製品が。Mighty Mouseである。
待っていたゼ〜〜〜!!
マルチボタン・スクロールホイール(ボール)・光学センサ・USB 2.0……え?!
紐付きかよ!!!今どき!!
何のために全機種Bluetooth搭載してんだよ!却下!却下!論ずる価値なし!
何らかの理由があるのだろうが、マウスなんて酷使しても3〜5年は持つもの(安物じゃなければ)。その間にBluetooth版が出ることは容易に予想できるし、たぶんそうなるだろう。そういう妥協した製品をユーザに提供しようという根性が気に食わん!何考えてんだカビヒゲ親父!

どんなに優れた要素を持っていても、製品として必要な条件(ワタシにとって)を満たしていない以上、全く無意味。既にワタシの中ではなかったことになりました(笑)。
posted by kom at 03:52| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする